こちらのWebサイトは移転しました。


ポンコツSEの株式投資ブログ

幸せになる方法を考えるブログ

幸せ、健康、お金、人間関係に関する情報のまとめ

選択問題、分からない時に正答率を上げるコツ

f:id:moto12345:20190427134940p:plain

 

学校のテストや資格試験などは選択問題となっていることが多いです。

そこで、分からない時に何を選んだら正解になりやすいんだろう?と疑問に思ったことがある人も多いのではないでしょうか。

もちろん実力で勝負することは大切ですが、分からない問題でも確率の高い選択ができるにこしたことは無いと思います。

こちらについては、ウィリアム・パウンドストーンの統計を用いた選択方法が参考になったので、ご紹介しておきます。

 

 

正答率の上げ方

結論から言うと基本的な選択問題の選び方は、

  • 〇✕問題だと「〇」の正解率が高い
  • 4択問題だと2番目の正解率が高い
  • 5択問題だと5番目の正解率が高く、3番目が正解率が低い
  • 同じ解答が連続して続くことは少ない

ということだけ覚えておけば少しだけ正答率が高くなるようです。

 

なぜこのような傾向があるのかというと、問題を作っているのが人間だからです。

私たちも同じ答えが続くと不安になるのと同じで、問題を作る側の人も偏りがないよう注意したりと、心理的なバイアスがかかってしまいます。

その心理的な傾向を利用するということですね。

 

以下は、正答率を上げるための詳細な情報になります。

〇✕問題の正答率を上げる

〇✕問題の特徴
  • 「〇」が56%、「✕」が44%と「〇」が正解である確率が高い
  • 同じ答えが続かない可能性は63%と前の解答とは異なることが多い

 

〇✕問題の戦略
  • 分かる問題を全て解く
  • 迷っている問題の前後の解答を確認する
  • 前:「〇」、後ろ:「〇」のように前後の答えが同じ場合、逆の選択肢「✕」を選ぶ
  • 前:「✕」、後ろ:「〇」と前後の答えが異なる場合は、確率の高い「〇」を選ぶ

 

3択問題の正答率を上げる

3択問題の特徴
  • 前の問題と同じ答えになる確率は25%と前の解答とは異なることが多い
  • 3択問題では正解率の高い選択肢というのは存在しない

 

3択問題の戦略
  • 分かる問題を全て解く
  • 迷っている問題の確実に違うと思う選択肢を除外する
  • 残った選択肢の内、前後の解答と違う選択肢を選ぶ

 

4択問題の正答率を上げる

4択問題の特徴
  • 前の問題と同じ答えになる確率は19%と前の解答とは異なることが多い
  • 4択問題では2番目の正解率が28%と少しだけ高い

 

4択問題の戦略
  • 分かる問題を全て解く
  • 迷っている問題の確実に違うと思う選択肢を除外する
  • 残った選択肢の内、前後の解答と違う選択肢を選ぶ
  • 2番目の解答が残っていればそれを選択する

 

5択問題の正答率を上げる

5択問題の特徴
  • 前の問題と同じ答えになる確率は18%と違う答えになることが多い
  • 5択問題では5番目の正解率が23%と少しだけ高い
  • 5択問題では3番目の正解率が17%と少しだけ低い

 

5択問題の戦略
  • 分かる問題を全て解く
  • 迷っている問題の確実に違うと思う選択肢を除外する
  • 3番目の選択肢を除外する
  • 5番目の解答が残っていればそれを選択する
  • 残った選択肢の内、前後の解答と違う選択肢を選ぶ

 

まとめ

選択問題でどのように選ぶと、正解率が上がるのかをご紹介しました。

  • 〇✕問題だと「〇」の正解率が高い
  • 4択問題だと2番目の正解率が高い
  • 5択問題だと5番目の正解率が高く、3番目が正解率が低い
  • 同じ解答が連続して続くことは少ない

あたりを覚えておけば、有利な選択ができると思います。

他にも、「上記のすべて」、「上記のいずれでもない」が選択肢にある場合や文章の長いものは正解になる可能性が高いようです。

 

色々紹介をしましたが、自分の実力が一番大切なことには変わりありません。

あくまでも最後の手段として活用していただければと思います。

 

 

●参考文献

科学で勝負の先を読む -投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド-

科学で勝負の先を読む -投資からテニスまで先を読むため・読まれないための実践ガイド-