幸せになる方法を考えるブログ

幸せになる方法を考えるブログ

幸せ、健康、お金、人間関係に関する情報のまとめ

幸せになると年収が高くなるかも! 幸福と収入の関係性

こちらのWebサイトは移転しました。


ポンコツSEの株式投資ブログ

 

f:id:moto12345:20190417004831p:plain



以前、幸福な人は年収が高く、健康的で成功につながるかも!という研究があることを紹介したのですが、どれぐらい幸せなら良いのかが気になるところでした。

そちらについて、学業や年収においてどの程度の幸福感がベスト?という疑問に対する答えがありましたので紹介しておきます。

 

幸福と学業の関係

心理学者である大石らの研究によると、幸福度が高いと成績も高くなる傾向があるようです。しかしながら、非常に幸せという場合は学業成績が伸びないとのこと。

f:id:moto12345:20190417001027p:plain

出典:大石繁宏「幸せを科学する」 (2009)

 

上記のグラフから読み取っても不幸せな場合は成績が低くなり、逆に幸せ過ぎても成績は低くなる傾向があるようです。

幸せ過ぎるとそれ以上努力して成長をするという気持ちが薄れてくるのかもしれませんね。

成長をしたい人は、幸せ過ぎて努力することを忘れていないか注意が必要です。

 

幸福と収入の関係

面白いことに幸福感と年収にも関係があるようでして、

  • 18歳の時に幸福感が平均以上グループの場合、15年後の年収が約420万円
  • 18歳の時に最も幸せなグループの場合、15年後の年種が約340万円

となり、平均以上グループは一番幸せなグループを80万円も上まわったようです。

このことから、ほどほどの幸せで年収も高くなる傾向があるということがいえるでしょう。

 

幸福感と人間関係

また、幸福感と対人についても関係性があることが分かっています。

  • 不幸せ:平均4.4人
  • まあまあ幸せ:平均5.1人
  • 幸せ:平均5.5人
  • 非常に幸せ:平均5.8人

となっており、幸せな人ほど友人が多い傾向があるようです。

友達が多いと幸せになるのか、幸せそうな人に人が集まるのかは分からないところですが、幸せの分だけ友達が増えるというのは面白いところですね。

 

まとめ

幸福感は学業、年収、人間関係などにも大きく影響することをご紹介しました。

学業と年収は幸せ過ぎると伸び悩むようなので、お金持ちになりたかったり、成長志向の人はほどほどの幸せを目指すと良いかと思います。

反対に人間関係を重視している方は、遠慮なく幸せな生活を目指しましょう。

 

幸せになることが成功につながるという情報もありますので、詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみてください。

 

 

●参考文献

幸せを科学する―心理学からわかったこと

幸せを科学する―心理学からわかったこと